神城神社

Pocket

藤田勲が島根県の出雲大社が大好きで

  その出雲神社を頭に描いて一世一代の

    大仕事として、造営したのが神城神社です


神城祈願祭が毎年12月28日に行われます。昭和59年の第一回から数え平成30年で第34回目となります。平成25年第29回目には藤田俊哉の理事長任命式も行われ、藤田勲も古希祝いを神城神社で行いました。


平成25年第29回目には藤田俊哉の理事長任命式

HP内リンク→ 第30回 神城神社祈願祭 HP内リンク→ 第30回 神城神社祈願祭

HP内リンク→ 藤田勲 古希祝いHP内リンク→ 藤田勲 古希祝い

神城神社

 この地は、古く新城または新城原と称し、神の聖地として祠のご神体が祀られてきました。 この地を開発するにあたり、藤田 勲は神の御社をお祀りし、大国主命をご祭神としたいという強い思いがありました。 そして白蛇神の御姿を見て、開発の成功を祈願したところ、「この地に天上天下をあまねく照らす太陽神である天照坐皇大御神(天照大御神)の御霊を遷祀し、神城神社とせよ」 との神託を得て、昭和六十年八月十日に神城神社として社殿を建立した。 そして、平成十一年五月二十八日に本殿、拝殿からなる新しい社殿を建立した。 祠の守護神は白蛇神とお告げがあり、この白蛇神が白龍大神となり八大龍大神として御姿を現わされ、神城神社の守護神としてお祀りしてあります。

 

神城神社 狛犬 神城神社 狛犬
狛犬 狛犬

 

神城神社  神城神社
境内 境内

 

神城神社 手水舎 神城神社 社務所
手水舎 社務所

 

最初昭和59年に神城神社神を 造営する前の土地に 山の神(石の祠、桜の木)の祀られていた祠が 桜の根本に祀ってあった場所です。 神城神社
最初昭和59年に神城神社神を
造営する前の土地に
山の神(石の祠、桜の木)の祀られていた祠が
桜の根本に祀ってあった場所です。
神城神社
神城神社から向かって正面右側から写しております。

 

拝殿 拝殿
拝殿
床は熊本県球磨郡山江村の孔雀石で壁や天井はヒノキでできています。

 

本殿
本殿
本殿 本殿
本殿 本殿
地元の地権者の方たちが昔から神様として祀っていた石の祠が山の神である山桜の下に祀ってありました。神城神社を建立する時に障害になったので、山桜を伐採して御神殿に石の祠・神様と一緒に祀ってあります。また、石の祠(神様)の土台などに使っております。感謝の気持ちを込めて桜500本を神城文化の森に植栽しており、30年ほど経ちます。

 

神城神社の高台からの眺め 神城神社の高台からの眺め
神城神社の高台からの眺め 神城神社の高台からの眺め

 

神城神社 神城神社
神城神社の前や周りの石は熊本県球磨村の石です。神城神社の正面20m先を1000m掘削して53,8℃の源泉を流出させました。温泉が出たのが8年前で温泉利用許可済証が発行されたのが平成19年2月26日となります。現在、家族風呂と神城の宿で温泉をご利用できます。

 

神城神社 神城神社
神城神社
後ろのサンロードショッピングセンターから見た神城神社の後ろ側です。

神城神社 白蛇神の神殿

白蛇神の神殿 白蛇神の神殿
白蛇神の神殿 白蛇神の神殿

 

白蛇神の神殿
白蛇神の神殿
神城神社 白蛇神の神殿 平成5年5月31日に白蛇がでてTV、新聞などでニュースにもなりました。ジャスコ サンロードシティ店(現イオン)オープン4日目に岡田名誉会長様が来店された時に白蛇がでました。あいにく死んでしまいましたが、本物を剥製にして現在も祀っております。白蛇は商売繁盛の神様でもあります。
白蛇神の神殿 白蛇神の神殿
平成5年5月31日に現れた白蛇神を、亡くなったので剥製にして祀っております
白蛇神の神殿
新聞記事を石にコピーしたもの
記者がタバコを置いて分かりやすくしたがため残念ながら死んでしまいました。

神城文化の森の御神木(御神木の木として大事に展示しております)

アララギ(一位)の根っこ 樹齢500年 御神木 熊本県人吉五木村産
アララギ(一位)の根っこ 樹齢500年
御神木
熊本県人吉五木村産
アララギ(一位) 樹齢1,000年以上  御神木 熊本県人吉五木村産 天然乾燥20年以上
アララギ(一位) 樹齢1,000年以上
御神木
熊本県人吉五木村産 天然乾燥20年以上
ものすごくツヤ、木目も良くまさに神様の木と言えます。
雷の落ちた木 ケヤキ(欅) 御神木 宮崎県霧島産 マツ(松) 御神木
雷の落ちた木 ケヤキ(欅)
御神木
宮崎県霧島産 マツ(松)
御神木
雷の落ちた木 ケヤキ(欅) 御神木 雷の落ちた木 ケヤキ(欅) 御神木
雷の落ちた木 ケヤキ(欅)
御神木
雷の落ちた木 ケヤキ(欅)
御神木
ホシコガ 御神木 ホシコガ 御神木
ホシコガ
御神木
ホシコガ
御神木
ナギの木(杢入り)共木 御神木 ナギの木(杢入り)共木 御神木
ナギの木(杢入り)共木
御神木
ナギの木(杢入り)共木
御神木
ホシコガ(カゴノキ)分布は本州(関東地方・福井県以西)、四国、九州、沖縄など
ナギの木 分布は本州(紀伊半島、山口県)、四国、九州、沖縄など熊本県湯前町安牧神社のホシコガは昭和57年にふるさと熊本の樹木に選定され、和歌山県には樹齢1,000年と言われているナギの木が御神木となっており、どちらの木も人間から親しまれています。
神城文化の森には神城神社があり、木の博物館に御神木としてホシコガとナギの木、アララギ(一位)、自然現象で雷の落ちた木を原木のままおいております。地球現象の自然の中から生まれた雷が落ちた木を、神城文化の森では御神木として大事に展示しております。
Pocket