世界自然遺産登録地屋久島・屋久杉

Pocket

屋久杉サッカーボールと屋久杉トロフィー

 

屋久杉とは、鹿児島県の神秘なる島・世界自然遺産登録地屋久島の標高500mを超える産地に自生している樹齢千年以上の杉のみを指します。

数千年以上の縄文の太古より生き続け、風雪に耐えてきた神々しい生命の力を称え「神の宿る木」と崇められてきました。また、今から半世紀以上前に、特別天然記念物に指定された天然林の屋久杉は、厳しい伐採制限があるため、入手が極めて困難な銘木として知られています。縄文杉(じょうもんすぎ)は、屋久島に自生する最大級の屋久杉。屋久杉を代表する古木として著名です。縄文杉を見るためには、徒歩で往復8~10時間程度かかります。現在は、自然保護等の規制もあり、木の周りには立ち入ることはできません。 樹齢1000年を超えるもののみを屋久杉と呼び、それに満たないものは、 コスギとして区別して呼んでいます。屋久杉の代表が縄文杉です。数千年を経て屋久杉は、独特の杢目の美しさ、色艶の良さ、香りのすばらしさを持ち、まさに自然の恵み以外の何物でもありません。又、千年以上の長寿の木として重宝がられております。倒木となった屋久杉でも制作加工時、切り口から樹脂が噴き出すという強靭な生命力から、生命をたたえ「神の宿る木」といわれ崇められています。 熱帯気候と多雨に恵まれた環境のなか、何千年もの間、力強く自生し続けている屋久杉は、1954年に特別天然記念物に指定されました。そのため伐採に制限が設けられ、年々希少価値の高まる銘木として広く世界に知られています。

平成28年11月相互筑波銘木市場全国銘木展示大会にて弊社の屋久杉が最高賞をいただきました

屋久杉記念館は他に類を見ない銘木の倉庫で、世界自然遺産登録地屋久島・屋久杉、森林セラピー基地市房山・市房杉(樹齢1,000年)をはじめとした銘木が、生き生きとした形で展示されています。

屋久杉原木 樹齢1000年 乾燥材10年以上 藤田勲 藤田俊哉

Pocket