社会貢献活動 国際貢献

Pocket

万里の長城 植樹祭 植樹ボランティア
 イオングループの岡田名誉会長と個人的にも懇意にしていただいていた折、平成10年~平成17年の間に財団法人イオン環境財団が中国「万里の長城」周辺に、47万本の苗木を植樹する活動をされていることを知り、平成19年の植樹活動に協力することを、これまで岡田卓也名誉会長に大変お世話になっていたので決め、財団法人イオン環境財団の取り組みを支援しようと2800万円を寄付致しました。平成19年6月30日~7月3日にかけて岡田名誉会長と共に、現地中国『万里の長城 植樹祭』に出席させていただきました。植樹ボランティア(日本1,000人・中国1,000人の合計2,000人による植樹活動)の皆さんと一本、一本心をこめて植樹致しました。
岡田様(右)藤田勲(中央)
野島様(右)藤田勲(左)
岡田理事長様
岡田様(右)藤田勲(左)
 財団法人イオン環境財団 理事長 岡田卓也様より「本日はこの植樹のために寄付をいただきました熊本県の藤田勲様にご参加いただきましたので、ご紹介したいと存じます。藤田様ありがとうございました。」とご紹介いただきました。
イオングループの社員の皆様と藤田勲
 数百年にわたる伐採により森が消滅した万里の長城周辺に1998年から2000年にかけて39万本、2003年から2005年にかけて8万本の合計47万本の苗木を日中ボランティア総勢7,800名の皆様とともに植樹いたしました。植林した木は日本の木でいうとヒノキに似ています。高さは1mほどのものを植樹祭に使用しました。
また、今回の植樹祭に参加された九州のイオングループの全社員の方々に、私、藤田勲の誕生会を7月2日に開いていただきました。ありがとうございました。

ラオスと日本のかけはし

 木は心に安らぎ、温かさ、親しみやすさ、木目の美しさ、香りといった木の魅力が私たちの生活に潤い、安寧感を与えてくれ、人間は木から多くの恩恵を受けています。自分自身のまわりの身近な木にもっともっと関心を持ってもらえれば木のもつエネルギーが伝わってきます。木は人間と違い体の具合が悪いからと云って薬を飲んだり休眠を取ることができませんので、倒れてしまったり、枝が折れたり、皮がむけたり、虫が食ったり、最悪立ち枯れたりしてしまいます。 木の病気になる前に人間の手(気持ち)で木を生かすことを考えることが大事なことだと思います。 私たちの生活に欠かせないものであり、新月伐採、旧暦の毎月一日の夜に切った木は“虫も食わない”良材として昔から言い伝えられており、日本は古来より自然に感謝し、自然の一部としての木と共に暮らしており、地元より日本、世界に『木の文化』を発信することに取り組み、中国万里の長城植樹支援(平成19年7月1日)・ラオス国への学校建設支援などの国際貢献も行い、ラオスの子どもたちが一生懸命に勉強して、明るい未来に向かって笑顔になってくれることを願い22校の小学校建設支援を行い、平成23年2月1日にはラオス大使館にて22校目の「FUJITA  ISAO小学校」(日本の樹種名22校)の寄付金式典を執り行って頂き、たいへん名誉なことに国家主席命による勲章を授かりました。

ラオス学校建設
 ラオス大使館より、「学校建設をさせて頂き、学校の壁面に藤田学校の名前を飾らせて頂きます。」と平成23年6月10日に連絡がありました。
また、ラオス駐日全権大使のシートン閣下(当時)より、弊社 迎賓館にて授賞式を行いました。藤田勲がラオスに学校建設の資金の寄付を行い、そして建設された学校名です。
1、市房杉 Ichifusa Cedar 2、屋久杉 Yaku Ceadr 3、アララギ Allium Victorialis 4、クワ(桑)Sycamine 5、エンジュ Styphonolobium Japonicum 6、ケヤキ(欅)Zelkova 7、クス(楠)Camphor Tree 8、サクラ(桜)Japanese Nutmeg 9、カヤ(榧)Gingko Tree 10、イチョウ(銀杏)Japanese Cypress 11、ヒノキ(桧)Pine Tree 12、マツ(松)Magnolia Obovata 13、ホウ(朴)Chinaberry 14、センダン Quercus Gliva 15、イチガシ Phellodendron Amurense 16、キハダ(黄肌)Japanese Persimmon 17、クロガキ(黒柿)Maple 18、カエデ(楓)Betula Grossa 19、タブ(椨)Machiilus Thunbergii 20、シオジ(塩地)Fraxinus Platypoda 21、ツガ(栂)Tsuga Primary
22、Isao Fujita 22校目は藤田勲の名前が付けられました。

開校式典
 開校式典が平成23年7月16日に開催されラオス関係者200名と サンロード(株)尾方春敏社長が参加され盛大に執り行われました。
ラオス大使館にて
 前大使がラオスにお帰りになられた後に、 新たにケントン大使がラオス大使に就任されましたので、 ラオス大使館にて、お食事会に招待して頂き、ラオス料理をご一緒させて頂きました。在日ラオス大使館が日本における協力者とともに2014年5月24日25日に東京代々木公園で開催されるラオスフェスティバルの運営を行うことを誇りを持ってお伝えします。このフェスティバルの目的はラオスと日本の絆、及び文化交流の結びつきを強めることであり、ラオスと日本の国交開始60周年をお祝いするにあたっての準備としての側面も持ちますということで、開催の協力の要請をケントン大使よりご説明がございました。

ラオスフェスティバル

 ラオスフェスティバル2014が 平成26年5月24日(土)の10:00~19:00に 東京都渋谷区代々木神園町 代々木公園イベント広場で開催されました! 神城文化の森 藤田株式会社 藤田勲 も ラオスフェスティバル実行委員会の 副会長、主催者の一人として参加いたしました。
来賓席
来賓席
来賓席で来賓の方々とイベントを楽しみました。
来賓席で来賓の方々とイベントを楽しみました。
ラオスから来日された 美しい民族衣装をまとったラオス民族舞踊団の豪華な踊り
ラオスフェスティバル2014当日は多くの人で賑わいました。
ケントン・ヌアンタシン様 藤田勲 藤田俊哉
 一般財団法人神城文化の森 藤田財団 理事長 藤田俊哉もラオス人民民主共和国駐日特命全権大使ケントン・ヌアンタシン様からの招待を受けヨーロッパのオランダから帰国し、
1日目のセレモニーには残念ながら参加することはできませんでしたが、2日目に参加し、ケントン大使もたいへん喜ばれました。

見て聞いて味わってまるごとラオスを満喫する驚きの2日間!

平成27年5月23日(土)、平成27年5月24日(日)の2日間
代々木公園イベント広場にて 両日とも10:00~19:00に
”ラオスフェスティバル2015”が開催されました!

 神城文化の森 藤田株式会社 藤田 勲 も実行委員会の副委員長として主催者の一人となっており、イベントへの参加をしてまいりました。来場者は23日(土)、24日(日)の2日間でなんと25万人!
ラオスは中国、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアに 囲まれた東南アジアの内陸国です。 国土面積は24万㎢と、 日本の本州とほぼ同じで、人口は650万人、 49もの民族が共存する多民族国家です。 「世界観光地ベスト賞」にも選ばれた 魅力あふれる美しい楽園ラオスのフェスティバル ということでとても沢山の方がご来場され、大変な賑わいとなりました。日ラオス外交関係樹立60周年記念ということもあり弊社からは樹齢500年のヒメザクラを立看板にして高さ2,2m 高さ1,8m の計2枚を舞台上の右と左に展示させていただきました。ラオス人民民主共和国に寄付させていただきました。
ラオスの大使館に展示されるそうです。
オープニングセレモニー前
左から 川崎商工会議所 会頭 山田 長満 様
ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
藤田勲日ラオス外交関係樹立60周年記念ということもあり弊社からは樹齢500年のヒメザクラを立看板にして高さ2,2m 高さ1,8m の計2枚を舞台上の右と左に展示させていただきました。写真後方左の立看板となります。

オープニングセレモニー 藤田勲
 川崎商工会議所 会頭 山田 長満 様に弊社の本ザクラの拍子木をオープニングセレモニーに使っていただきました。
本ザクラの響いた音が大変綺麗でオープニングセレモニーに相応しい拍子木でした。

弊社の本ザクラの拍子木を
・ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使 ケントン・ヌアンタシン 様
・ラオス人民民主共和国商工業大臣 ケンマニー・ポンセナー 様
・シータラ・アリワン 様
日本のラオス大使館に持って行った後ラオス人民民主共和国へ持っていってもらえるそうです。
・川崎商工会議所 会頭 山田 長満 様
・学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井裕司 様
・日本の国の方へ
合計7本を贈呈させていただきました。
2014年11月にラオスから日本へ象が寄贈された近い時期に、日本からラオス人民民主共和国へ桜を寄贈し植樹が行われています。神城文化の森 藤田株式会社も今回 樹齢500年のヒメザクラの看板2枚、本ザクラの拍子木7本をラオス関係者の方々にお贈りさせていただきました。

ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使 ケントン・ヌアンタシン 様
ラオスフェスティバル2015実行委員長 学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井 裕司 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣 ケンマニー・ポンセナー 様
来賓席 藤田勲も主催者として参加させていただきました。
来賓の方々7名によるテープカット
左 シータラ・アリワン様 藤田勲 オープニングセレモニー終了後 退席の様子
来賓席で来賓の方々とイベントを楽しみました
左から ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオスフェスティバル2015実行委員長
学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井 裕司 様
藤田勲
株式会社ティエラコム  代表取締役社長
増澤 空 様
左から ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
藤田勲

メインステージ 株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ 演歌歌手 美月優 ライブ など

左から
・大船音楽事務所代表 大船 わたる 様
・荒井 裕司 様の奥様
・ラオスフェスティバル2015実行委員長
・学校法人さくら国際高等学校理事長荒井 裕司 様
・演歌歌手 美月 優 様
・藤田勲
美月 優ちゃんよりサイン入り色紙をいただきました。

ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使 ケントン・ヌアンタシン 様より感謝状をいただきました。

演歌歌手 美月 優 様とツーショット

ラオスフェスティバル2015実行委員長学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井 裕司 様が美月 優 様を応援して下さいと頼まれましたので、神城文化の森 藤田勲も応援させていただきます。
非常に好感のもてる方で、大スターになられるよう一生懸命応援させていただきます。
私、藤田勲がケントン大使より感謝状を頂いた事を美月 優ちゃんにも大変喜んでいただきました。

ヒメザクラ樹齢500年

ヒメザクラ樹齢500年 看板

A ヒメザクラ樹齢500年 (裏)

B ヒメザクラ樹齢500年 (裏)

 岐阜の全銘展市にて平成25年11月15日に5百37万8千800円にて日本一の樹齢500年のヒメザクラを入札いたしました。上記の平成27年5月23日ラオスフェスティバル2015 ラオス・日本外交関係樹立60周年記念のお祝いに一部を使用しています。玉杢が入っていて、ものすごく綺麗です。
ギャラリー 岩田木材様で製材
平成26年1月8日に日本一の樹齢500年のヒメザクラを岐阜県の岩田木材様で野々宮神社の宮司 懸野直樹 様による御祓いの後、製材を行いました。

ラオス人民民主共和国ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
神城文化の森 表敬訪問

藤田株式会社 代表取締役 藤田勲がラオスに22校の学校建設の資金を寄付していたためそのお礼にとラオス人民民主共和国首相トーンシン・タムマヴォン様より勲章をいただきました。 そのご縁でケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使の初の神城文化の森への表敬訪問が実現いたしました。

左から
・在福岡ラオス人民民主共和国
名誉領事官 名誉領事 医学博士
中島 幸一先生、
・藤田 勲、
・ラオス人民民主共和国
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
・通訳のシータラ様、
・中島 幸一先生第一秘書様となります。
左から
・ケントン大使
・藤田 勲、
・中島 幸一先生

朝9時30分に人吉球磨で一番老舗の焼酎蔵といくつかの名所をご案内したしました。 そして在福岡ラオス人民民主共和国名誉領事官 名誉領事中島 幸一先生と第一秘書様、通訳のシータラ様もご一緒され、この神城文化の森を11時30分から12時30分までご案内いたしました。 表敬訪問していただいただけでも光栄なことですが、神城文化の森の森の施設内を見て回られこれはすごい!と、とてもありがたいご感想を頂きました。お帰りの際は鹿児島空港までお送りさせていただきました。

左から
・通訳のシータラ様
・ラオス人民民主共和国
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
・藤田 勲
・在福岡ラオス人民民主共和国
名誉領事官 名誉領事
医学博士 中島 幸一先生
・中島 幸一先生第一秘書様
左から
・中島 幸一先生第一秘書様
・通訳のシータラ様
・藤田 勲
・ラオス人民民主共和国
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
・在福岡ラオス人民民主共和国
名誉領事官 名誉領事
医学博士 中島 幸一先生

ラオスのヒノキ

ギャラリー ケントン大使、中島先生 屋久杉記念館、市房杉記念館をご案内

ラオス人民民主共和国ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使歓迎会

同日、人吉内にてケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使の歓迎会が盛大に行われました。ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使は大使になられて初めて球磨人吉にこられ、日本とラオスの架け橋になるようにと表敬訪問していただきました。

日本のヒノキで作られた歓迎会の立て看板

ご挨拶 藤田 勲
ご来賓のご挨拶を溝口幸司先生におこなっていただきました。 熊本県議会 議員 溝口 幸司 様
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使と 通訳のシータラ様
ご来賓のご挨拶 在福岡ラオス人民民主共和国名誉領事官 名誉領事 医学博士 中島 幸一 様
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使 よりご挨拶をしていただきました。
会場の様子 神城文化の森に植栽した500本の桜のうちから切り持参した 素晴らしい後咲の桜と、もみじが会場を盛り上げました。

日本ラオス外交関係樹立60周年記念認定事業

日本ラオス外交関係樹立60周年記念認定事業
国際交流基金アジアセンター「アジア・文化創造協働助成」事業へ藤田財団が協賛をさせていただきました。今後もラオス-日本の架け橋となるよう活動を行ってまいります。

【後援】順不同
日本国外務省
駐日ラオス大使館
独立行政法人 国際協力機構(JICA)
川崎商工会議所
日本ラオス映画委員会

【協賛】順不同
一般財団法人 神城文化の森 藤田財団、株式会社経理バンク、一般社団法人 川崎ラオス友好協会、山田長満、一般社団法人 日本ASEAN産業経済交流協会、日本工営株式会社、東洋ロザイ株式会社、株式会社ニコン、埼玉ラオス友好協会、横田順子、STUDIO IKKYU、PROFESSIONAL MEDIA CORPORATION、光陽ラオス株式会社、京光商事株式会社、川崎信用金庫、株式会社ツムラ、豊田通商株式会社、株式会社JALUX、川崎アゼリア株式会社、松澤地所株式会社、株式会社赤坂綜合事務所、タカネ電機株式会社、株式会社トーキンオール、株式会社ニッセン・ワイケイ、海外投資を楽しむ会、株式会社永星通商、国際協力NGO・IV-JAPAN、高島孝子、野中茂、平尾光司、遠藤勝利、ソムチャンマボン大介、クラウドファンディング支援者のみなさま

Pocket