藤田 社会貢献活動

社会貢献活動

人吉下球磨消防組合消防本部へ昭和60年6月25日に災害用人員輸送車両1台、平成11年に災害用人員輸送車両28人乗りのマイクロバス1台、平成19年1月24日に災害用人員輸送車両12人乗りマイクロバス1台を寄贈致しました。これもひとえに郷土に対する強い思いと地球環境の保全を次世代に繋げて行きたい一心からです。 平成4年5月19日宮崎県えびの市の土地寄付、平成22年10月28日国宝青井阿蘇神社へ石蔵寄付、平成2年2月5日人吉市商工会議所と、昭和52年11月免田町商工会議所(現あさぎり町)へこの2ヵ所に合計10,300,000円の寄付をいたしました。その他
マイクロバス寄贈 
地元の消防署へマイクロバス寄贈(昭和60年6月吉日)これまでに、3台のマイクロバスを贈呈
マイクロバス寄贈
地元の消防署へマイクロバス寄贈(昭和60年6月吉日)これまでに、3台のマイクロバスを贈呈

 

藤田勲 錦町へ寄付 引き渡し式
平成20年5月27日調印式 錦町へ寄付
現金1億円と 17億円 計18億円
    (帳簿価格)
藤田勲 錦町へ寄付
神城文化の森の敷地の一角を熊本県球磨郡錦町に現金と土地建物などの寄付をさせていただきました。
平成20年5月27日熊本県錦町役場にて寄付引き渡し式。 左 森本錦町町長、中央 藤田勲、右 錦町土肥議長

 

 イオングループの岡田名誉会長と個人的にも懇意にしていただいていた折、平成10年~平成17年の間に財団法人イオン環境財団が中国「万里の長城」周辺に、47万本の苗木を植樹する活動をされていることを知り、平成19年の植樹活動に協力することを、これまで岡田卓也名誉会長に大変お世話になっていたので決め、財団法人イオン環境財団の取り組みを支援しようと2800万円を寄付致しました。平成19年6月30日~7月3日にかけて岡田名誉会長と共に、現地中国『万里の長城 植樹祭』に出席させていただきました。植樹ボランティア(日本1,000人・中国1,000人の合計2,000人による植樹活動)の皆さんと一本、一本心をこめて植樹致しました。
財団法人イオン環境財団 理事長 岡田卓也様より「本日はこの植樹のために寄付をいただきました熊本県の藤田勲様にご参加いただきましたので、ご紹介したいと存じます。藤田様ありがとうございました。」とご紹介いただきました。
岡田理事長様
IMGP2206_R {4C660E00-03E6-4CCF-BCB2-1F4C6BBEAA50}-IMGP2213_R
     藤田勲       野島様        藤田勲     岡田様

 

藤田勲 社会貢献活動 中国にて

藤田勲とイオングループの社員の皆様

数百年にわたる伐採により森が消滅した万里の長城周辺に1998年から2000年にかけて39万本、2003年から2005年にかけて8万本の合計47万本の苗木を日中ボランティア総勢7,800名の皆様とともに植樹いたしました。植林した木は日本の木でいうとヒノキに似ています。高さは1mほどのものを植樹祭に使用しました。

中国貢献 日本一 リンク(グーグル)

IMG_0219_R
今回の植樹祭に参加された九州のイオングループの全社員の方々に、
私、藤田勲の誕生会を7月2日に開いていただきました。

万里の長城見学 人がものすごく多かったです。

 

野田総理(当時)より感謝状 野田総理(当時)
野田総理(当時)より総理官邸にて感謝状を贈呈いただきました。

野田総理より感謝状 リンク(グーグル)

 

は、日本文化のひとつで、節分では「鬼は外。福は内。」というように、先人からの話で「鬼は怖いイメージがあるけれど、鬼は、家内安全の象徴で、鬼を持っていたら福が来る」と言われていました。 「鬼に金棒人形」は、これまで地元の主婦グループが家事や仕事の合間にやっていた手しごとです。民芸品や手芸の域から出ない存在だったものを【神城文化の森 FUJITA】の財団ブランドとしてプロデュースしています。財団ブランドは、商品だけでなく、商品の背景にある物語やひとつでは成り立たない手しごとや技、工芸品などを組み合わせ新しい価値を見出すことにも取り組んでいます。
鬼に金棒人形 屋久杉木札 鬼に金棒人形
鬼に金棒人形、鬼に金棒 家内安全 屋久杉木札 鬼に金棒人形、鬼に金棒

 

赤鬼のど飴 IMG_4419_R
東北三県復興支援活動で贈呈させていただいた赤鬼のど飴 鬼に金棒人形ストラップ

 

社会貢献 日本一 リンク(グーグル)
がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト
宮城県、県庁にて宮城県知事 村井 嘉浩 知事様鬼に金棒人形、屋久杉木札付きと藤田俊哉サイン入りサッカーボールを贈呈させていただきました。また、東北3県の福島県庁、岩手県庁へ、そして東北3県127ヶ所(全市町村他)に鬼に金棒人形屋久杉木札付きを贈呈させていただきました。

 

東北大震災の『心の復興支援』活動です。「鬼に金棒人形 屋久杉木札付き」を“助力の象徴”として、被災地に届ける【がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト】は平成23年8月4日の立上げから今日まで第13回を数え「鬼に金棒人形 屋久杉木札付き」を1,650箇所の施設へ1,696体を届けさせて頂きました。
がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト
岩手県大槌町 小槌神社 打ち出の小槌を御祓いしてお届けさせていただきました。 打ち出の小槌 贈呈式 和野っこハウス(仮設住宅地)にて大槌町の副町長に贈呈。
9月の敬老の日を10月28日に改め、打ち出の小槌250個を神城文化の森 藤田財団より寄付させていただきました。

 

 伝えたい木の文化、遺したい美しい山林の森、「日本 木の文化」を受け継ぎ「木に対する眼差し、作法、美意識」を暮らしのなかで研ぎ澄まし、木に包まれ、木と共にある暮らし方を築き上げていく必要があり、木のある暮らし方を軸に手仕事や、産業を興し、銘柄元相良藩十代目の焼酎を藤田ブランドとしてつくり、誇りや郷土愛、地域の信頼や絆を築いてまいりました。 東北大震災の際にはnippon【がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト】を立ち上げ、地元の主婦グループが家事や仕事の合間にやっていた手仕事、鬼は日本文化のひとつで、節分では「鬼は外。福は内」と言うように、先人からの話で「鬼は怖いイメージがあるけれど、鬼は家内安全の象徴で鬼を持っていたら福が来る」と聞いていたため「鬼に金棒人形屋久杉木札付き」を作り“助力の象徴”として被災地に届け、被災されていた方々がお顔をほころばせ、「元気が出たと・・・」笑顔で人形を受け取って下さり、心の安らぎや笑顔になって下さる方を思って「鬼に金棒人形屋久杉木札付き」を1,650箇所の施設へ1,696体を必死に届けました。
鬼に金棒
神城文化の森 神城神社でお祓いし東北3県へ平成23年8月4日(木)~平成25年4月26日(金)までに鬼に金棒人形(屋久杉木札付き)を1,650ヶ所へ1,696体を神城文化の森内 神城神社で、東日本大震災の被災地の一日も早い復興を願う祈願祭を行いお届けさせていただきました。 球磨人吉地域では鬼に金棒人形を「手しごと」の新しい価値を見出す事に藤田財団では力を入れています。 現在「神城文化の森」では「日本 木の文化」に取り組んでおりますが、今の日本の子どもたちは、森の中で自然や木と対話する機会が失われている気がします。 木の魅力は「温かく肌ざわりが良く、調湿作用、弾力性」があり、節ひとつにしても以前は欠点で挙げられていましたが、最近ではむしろ魅力のひとつとして「節のある木が自然で個性的で良い」とのことから床や腰板など節物の板が人気を呼んでおり、「木」の魅力はさらに増していくばかりであり、【木は未来と希望のシンボル】として木と人との架け橋になるような活動に取り組み、社員たちへの思いやりを忘れず目標や思いを共有して歩み、日本の伝統や文化を伝え、祖先から受け継いだ日本文化の大切さを再認識していただき、次世代へとつなげたいと思っています。 また、「日本 木の文化とスポーツ文化」を世界へ発信していきたいと思って居ります。

東北3県 復興支援活動 日本一 リンク(グーグル)

 

 

東北復興支援活動では鬼に金棒人形を 御祓いし被災地へと
藤田勲と藤田俊哉で お届をさせていただきました。
IMG_8673.jpg IMG_8681.jpg
            藤田勲             藤田俊哉
 IMG_8690.jpg  DSCN4333.jpg
 藤田俊哉 藤田勲      藤田勲           藤田俊哉
 DSCN4314.jpg  DSCN4308.jpg
     藤田勲          藤田俊哉     藤田勲           藤田俊哉
 DSCN4285.jpg  DSCN4278.jpg
    藤田勲           藤田勲     藤田勲           藤田俊哉
 DSCN4073.jpg  DSCN4062.jpg
   藤田勲            藤田俊哉     藤田勲          藤田俊哉
DSCN4053.jpg DSCN4044.jpg
  藤田勲             藤田俊哉    藤田俊哉            藤田勲
DSCN4016.jpg DSCN4013.jpg
   藤田俊哉         藤田勲    藤田俊哉          藤田勲
DSCN4008.jpg DSCN4037.jpg
 藤田俊哉            藤田勲    藤田俊哉          藤田勲
DSCN3983.jpg DSCN3954.jpg
  藤田俊哉          藤田勲        藤田勲        藤田俊哉
DSCN3926.jpg DSCN4107.jpg
     藤田俊哉      藤田勲    藤田勲          藤田俊哉

 

20130426_kitakata

 

ロアッソ熊本の岡社長(当時)、藤田勲 ロアッソ熊本と神城文化の森 藤田株式会社とのスポンサー4年間契約
ロアッソ熊本の役員(理事)からロアッソ熊本のメインスポンサーが決まっていないので、是非、神城文化の森 藤田へと話があり、熊本県と熊本市が協力しているロアッソ熊本は【県民運動】であることや「将来の子どもたちのためにも熊本県全域が元気になれば」と決意して4年契約のスポンサーを引き受けました。ロアッソ熊本の岡社長(当時)に神城文化の森藤田株式会社 本社事務所へご来社いただきました。(契約期間 平成20年4月26日~平成24年1月31日まで)

ロアッソ熊本 スポンサー 貢献 日本一 リンク(グーグル)

 

林材新聞よりロアッソ熊本 藤田俊哉氏 入団会見_R
藤田勲 藤田俊哉ロアッソ熊本入団会見 藤田俊哉ロアッソ熊本
平成20年1月(当時)藤田俊哉選手ロアッソ熊本入団会見

 

藤田俊哉 送別試合
藤田俊哉送別試合へ、福島県・宮城県・岩手県・千葉県・茨城県・埼玉県、他の小学校、中学校、高校、幼稚園の児童生徒及び職員、他、復興支援にて訪問先の皆様を1,000名ご招待致しました。 また、鬼の人形屋久杉ストラップを招待された1,000名の皆様にプレゼント致しました。
藤田俊哉送別試合 藤田俊哉送別試合
福島県双葉郡双葉町教育委員(当時)へ鬼に金棒人形屋久杉木札付きを贈呈
IMG_3017_R IMG_3020_R
藤田俊哉のご家族の皆様と中央に藤田勲 右 VVVフェンロ(オランダ)ハイベルデン会長 左 藤田勲

ラオスへの社会貢献活動

木は心に安らぎ、温かさ、親しみやすさ、木目の美しさ、香りといった木の魅力が私たちの生活に潤い、安寧感を与えてくれ、人間は木から多くの恩恵を受けています。自分自身のまわりの身近な木にもっともっと関心を持ってもらえれば木のもつエネルギーが伝わってきます。木は人間と違い体の具合が悪いからと云って薬を飲んだり休眠を取ることができませんので、倒れてしまったり、枝が折れたり、皮がむけたり、虫が食ったり、最悪立ち枯れたりしてしまいます。 木の病気になる前に人間の手(気持ち)で木を生かすことを考えることが大事なことだと思います。 私たちの生活に欠かせないものであり、新月伐採、旧暦の毎月一日の夜に切った木は“虫も食わない”良材として昔から言い伝えられており、日本は古来より自然に感謝し、自然の一部としての木と共に暮らしており、地元より日本、世界に『木の文化』を発信することに取り組み、中国万里の長城植樹支援(平成19年7月1日)・ラオス国への学校建設支援などの国際貢献も行い、ラオスの子どもたちが一生懸命に勉強して、明るい未来に向かって笑顔になってくれることを願い22校の小学校建設支援を行い平成23年2月1日にはラオス大使館にて22校目の「FUJITA  ISAO小学校」(日本の樹種名22校)の寄付金式典を執り行って頂き、たいへん名誉なことに国家主席命による勲章を授かりました。

ラオス国家主席 感謝状 日本一 リンク(グーグル)

藤田勲 ラオス国駐日全権大使シートン閣下(当時) ラオス 日本
ラオス駐日全権大使のシートン閣下(当時)より、弊社 迎賓館にて授賞式を行いました。 ラオス大使館より、
「学校建設をさせて頂き、学校の壁面に藤田学校の名前を飾らせて頂きます。」
と平成23年6月10日に連絡がありました。

 

03社会貢献活動② (3) 03社会貢献活動② (4)
ラオスフェスティバル実行委員会副会長として活動を行ったことに対する 感謝状をラオス大使館ブースでケントン大使よりいただきました。

 

平成26年2月20日木曜日前大使がラオスにお帰りになられた後に、 新たにケントン大使がラオス大使に就任されましたので、 ラオス大使館にて、お食事会に招待して頂き、ラオス料理をご一緒させて頂きました。在日ラオス大使館が日本における協力者とともに2014年5月24日25日に東京代々木公園で開催されるラオスフェスティバルの運営を行うことを誇りを持ってお伝えします。このフェスティバルの目的はラオスと日本の絆、及び文化交流の結びつきを強めることであり、ラオスと日本の国交開始60周年をお祝いするにあたっての準備としての側面も持ちますということで、開催の協力の要請をケントン大使よりご説明がございました。
藤田勲 ラオス大使館
ラオス大使館にて

 

ラオス学校
開校式典が平成23年7月16日に開催されラオス関係者200名と サンロード(株)尾方春敏社長が参加され盛大に執り行われました。

ラオスフェスティバル2014

ラオスフェスティバル2014が 平成26年5月24日(土)の10:00~19:00に 東京都渋谷区代々木神園町 代々木公園イベント広場で開催されました! 神城文化の森 藤田株式会社 藤田勲 も ラオスフェスティバル実行委員会の 副会長、主催者の一人として参加いたしました。
03社会貢献活動② (8)

 

03社会貢献活動② (9) 03社会貢献活動② (10)
来賓席 来賓席

 

03社会貢献活動② (11) 03社会貢献活動② (12)
来賓席で来賓の方々とイベントを楽しみました。

 

03社会貢献活動② (13) ラオスフェスティバル2014
ラオスから来日された 美しい民族衣装をまとった
ラオス民族舞踊団の豪華な踊り
ラオスフェスティバル2014当日は
多くの人で賑わいました。

 

一般財団法人神城文化の森 藤田財団 理事長 藤田俊哉もラオス人民民主共和国駐日特命全権大使ケントン・ヌアンタシン様からの招待を受けヨーロッパのオランダから帰国し、
1日目のセレモニーには残念ながら参加することはできませんでしたが、2日目に参加し、ケントン大使もたいへん喜ばれました。

ラオスフェスティバル2015

見て聞いて味わってまるごとラオスを満喫する驚きの2日間!

平成27年5月23日(土)、平成27年5月24日(日)の2日間
代々木公園イベント広場にて 両日とも10:00~19:00に
”ラオスフェスティバル2015”が開催されました!


DSCN3042

↑協賛の看板

神城文化の森 藤田株式会社 藤田 勲 も
実行委員会の副委員長として主催者の一人となっており、イベントへの参加をしてまいりました。

来場者は23日(土)、24日(日)の2日間でなんと25万人!
ラオスは中国、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアに 囲まれた東南アジアの内陸国です。 国土面積は24万㎢と、 日本の本州とほぼ同じで、人口は650万人、 49もの民族が共存する多民族国家です。 「世界観光地ベスト賞」にも選ばれた 魅力あふれる美しい楽園ラオスのフェスティバル ということでとても沢山の方がご来場され、大変な賑わいとなりました。

日ラオス外交関係樹立60周年記念
ということもあり弊社からは樹齢500年のヒメザクラを立看板にして
高さ2,2m
高さ1,8m の計2枚を舞台上の右と左に展示させていただきました。ラオス人民民主共和国に寄付させていただきました。
ラオスの大使館に展示されるそうです。

DSCN2977 DSCN2978
オープニングセレモニー前
左から 川崎商工会議所 会頭 山田 長満 様
ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
藤田勲
オープニングセレモニー前
左から ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
藤田勲
DSCN2986 DSCN2987
オープニングセレモニー 藤田勲 オープニングセレモニー 藤田勲
DSCN2996 DSCN2997
川崎商工会議所 会頭 山田 長満 様に
弊社の本ザクラの拍子木をオープニングセレモニーに使っていただきました。
本ザクラの響いた音が大変綺麗でオープニングセレモニーに相応しい拍子木でした。
ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
弊社の本ザクラの拍子木を
・ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
・ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
・シータラ・アリワン 様
・ラオス人民民主共和国
日本のラオス大使館に持って行った後ラオス人民民主共和国へ持っていってもらえるそうです。
・川崎商工会議所 会頭 山田 長満 様
・学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井裕司 様
・日本の国の方へ
合計7本を贈呈させていただきました。
2014年11月にラオスから日本へ象が寄贈された近い時期に、日本からラオス人民民主共和国へ桜を寄贈し植樹が行われています。
神城文化の森 藤田株式会社も今回 樹齢500年のヒメザクラの看板2枚、本ザクラの拍子木7本をラオス関係者の方々にお贈りさせていただきました。
DSCN2999 DSCN3000
ラオスフェスティバル2015実行委員長
学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井 裕司 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
DSCN2992 DSCN2989
来賓席 藤田勲も主催者として参加させていただきました。 来賓席 藤田勲も主催者として参加させていただきました。
DSCN3003 DSCN3005
来賓の方々7名による
テープカット
左 シータラ・アリワン 様
藤田勲
オープニングセレモニー終了後 退席の様子
DSCN3007 DSCN3025
 来賓席で来賓の方々とイベントを楽しみました
左から ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオスフェスティバル2015実行委員長
学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井 裕司 様
藤田勲
株式会社ティエラコム  代表取締役社長
増澤 空 様
 左から ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオス人民民主共和国商工業大臣
ケンマニー・ポンセナー 様
藤田勲
DSCN3023 DSCN3022
外務大臣政務官 衆議院議員 中根 一幸 様と名刺交換させていただきました。  外務大臣政務官 衆議院議員 中根 一幸 様と名刺交換させていただきました。
DSCN3011  DSCN3010
 メインステージ イベント メインステージ イベント
DSCN3037 DSCN3069
弊社からお贈りした樹齢500年のヒメザクラの
立看板が右と左に展示してあります。
メインステージ イベント
弊社からお贈りした樹齢500年のヒメザクラの
立看板が右と左に展示してあります。
メインステージ イベント
DSCN3216 DSCN3220
演歌歌手 美月優「夢ひとつ」 演歌歌手 美月 優 「幸福行きのふるさと列車」
DSCN3152 DSCN3154
メインステージ イベント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
演歌歌手 美月 優 ライブ
メインステージ イベント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
演歌歌手 美月 優 ライブ
メインステージ イベント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
演歌歌手 美月 優 ライブ
メインステージ イベント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
演歌歌手 美月 優 ライブ
メインステージ イベント
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
演歌歌手 美月 優 ライブ
美月 優ちゃんよりサイン入り色紙をいただきました。 左から 大船音楽事務所代表 大船 わたる 様
荒井 裕司 様の奥様
ラオスフェスティバル2015実行委員長
学校法人さくら国際高等学校理事長
荒井 裕司 様
演歌歌手 美月 優 様
藤田勲
ラオス人民民主共和国駐日特命全権大使 ケントン・ヌアンタシン 様より感謝状をいただきました。
DSCN3256
演歌歌手 美月 優 様とツーショット

ラオスフェスティバル2015実行委員長
学校法人さくら国際高等学校理事長 荒井 裕司 様が
美月 優 様を応援して下さいと頼まれましたので、
神城文化の森 藤田勲も応援させていただきます。
非常に好感のもてる方で、大スターになられるよう一生懸命応援させていただきます。
私、藤田勲がケントン大使より感謝状を頂いた事を
美月 優ちゃんにも大変喜んでいただきました。

日本一の樹齢500年のヒメザクラの立て看板高さ2,2m高さ1,8mの計2枚を平成27年5月23日ラオスフェスティバル2015 ラオス・日本外交関係樹立60周年記念のお祝いにお贈りさせていただきました。オープニングセレモニー舞台上の右と左に展示させていただき、ラオス人民民主共和国に寄付させていただきました。ラオスの大使館に展示されるそうです。

日本、木の文化を世界に発信! 
ヒメザクラ樹齢500年

DSCN2990
ヒメザクラ樹齢500年 看板
A ヒメザクラ樹齢500年 (裏) B ヒメザクラ樹齢500年 (裏)

岐阜の全銘展市にて平成25年11月15日に5百37万8千800円にて日本一の樹齢500年のヒメザクラを入札いたしました。上記の平成27年5月23日ラオスフェスティバル2015 ラオス・日本外交関係樹立60周年記念のお祝いに一部を使用しています。玉杢が入っていて、ものすごく綺麗です。

平成26年1月8日に日本一の樹齢500年のヒメザクラを岐阜県の岩田木材様で野々宮神社の宮司 懸野直樹 様による御祓いの後、製材を行いました。

DSCN4994 DSCN4982
サクラ銘木IMGP3138 (29) DSCN5006
DSCN5007 サクラ銘木IMGP3138 (19)
サクラ銘木IMGP3138
DSCN5048
サクラ銘木IMGP3138 (14) サクラ銘木IMGP3138 (3)
サクラ銘木IMGP3138 (4) サクラ銘木IMGP3138 (5)
サクラ銘木IMGP3138 (18)

・ラオス人民民主共和国ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使が神城文化の森を表敬訪問されました。

日本とラオスのかけはし

藤田株式会社 代表取締役 藤田勲がラオスに22校の学校建設の資金を寄付していたためそのお礼にとラオス人民民主共和国首相トーンシン・タムマヴォン様より勲章をいただきました。 そのご縁でケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使の初の神城文化の森への表敬訪問が実現いたしました。
03社会貢献活動② (17) 03社会貢献活動② (18)
左から
・在福岡ラオス人民民主共和国
名誉領事官 名誉領事 医学博士
  中島 幸一先生、
・藤田 勲、
・ラオス人民民主共和国
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
・通訳のシータラ様、
・中島 幸一先生第一秘書様
となります。
左から
・ケントン大使
・藤田 勲、
・中島 幸一先生

・藤田勲がラオスに学校建設の資金の寄付を行い、そして建設された学校名です。

1、市房杉 Ichifusa Cedar 2、屋久杉 Yaku Ceadr 3、アララギ Allium Victorialis 4、クワ(桑)Sycamine 5、エンジュ Styphonolobium Japonicum 6、ケヤキ(欅)Zelkova 7、クス(楠)Camphor Tree 8、サクラ(桜)Japanese Nutmeg 9、カヤ(榧)Gingko Tree 10、イチョウ(銀杏)Japanese Cypress 11、ヒノキ(桧)Pine Tree 12、マツ(松)Magnolia Obovata 13、ホウ(朴)Chinaberry 14、センダン Quercus Gliva 15、イチガシ Phellodendron Amurense 16、キハダ(黄肌)Japanese Persimmon 17、クロガキ(黒柿)Maple 18、カエデ(楓)Betula Grossa 19、タブ(椨)Machiilus Thunbergii 20、シオジ(塩地)Fraxinus Platypoda 21、ツガ(栂)Tsuga Primary 22、Isao Fujita 22校目は藤田勲の名前が付けられました。

・ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使をご案内

朝9時30分に人吉球磨で一番老舗の焼酎蔵といくつかの名所をご案内したしました。 そして在福岡ラオス人民民主共和国名誉領事官 名誉領事中島 幸一先生と第一秘書様、通訳のシータラ様もご一緒され、この神城文化の森を11時30分から12時30分までご案内いたしました。 表敬訪問していただいただけでも光栄なことですが、神城文化の森の森の施設内を見て回られこれはすごい!と、とてもありがたいご感想を頂きました。お帰りの際は鹿児島空港までお送りさせていただきました。
03社会貢献活動② (19) 03社会貢献活動② (20)
左から
・通訳のシータラ様
・ラオス人民民主共和国
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
・藤田 勲
・在福岡ラオス人民民主共和国
名誉領事官 名誉領事
医学博士 中島 幸一先生
・中島 幸一先生第一秘書様
左から
・中島 幸一先生第一秘書様
・通訳のシータラ様
・藤田 勲
・ラオス人民民主共和国
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
・在福岡ラオス人民民主共和国
名誉領事官 名誉領事
医学博士 中島 幸一先生

 

03社会貢献活動② (21) 03社会貢献活動② (22)
ラオスのヒノキ

 

03社会貢献活動② (23) 03社会貢献活動② (24)
ケントン大使、中島先生を藤田勲が屋久杉記念館内をご案内
03社会貢献活動② (25) 03社会貢献活動② (26)
ケントン大使、中島先生を藤田勲が屋久杉記念館内をご案内
03社会貢献活動② (27) 03社会貢献活動② (28)
ケントン大使、中島先生を藤田勲が屋久杉記念館内をご案内
03社会貢献活動② (29) 03社会貢献活動② (30)
ケントン大使、中島先生を藤田勲が屋久杉記念館内をご案内
03社会貢献活動② (31) 03社会貢献活動② (32)
ケントン大使、中島先生を藤田勲が市房杉記念館内をご案内
03社会貢献活動② (33) 03社会貢献活動② (34)
ケントン大使、中島先生を藤田勲が市房杉記念館内をご案内

・ラオス人民民主共和国ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使歓迎会

同日、人吉内にてケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使の歓迎会が盛大に行われました。ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使は大使になられて初めて球磨人吉にこられ、日本とラオスの架け橋になるようにと表敬訪問していただきました。
03社会貢献活動② (36) 03社会貢献活動② (37)
日本のヒノキで作られた歓迎会の立て看板

 

03社会貢献活動② (38)
ご挨拶 藤田 勲

 

03社会貢献活動② (39)
ご来賓のご挨拶を中島幸一先生におこなっていただきました。
在福岡ラオス人民民主共和国名誉領事官 名誉領事 医学博士 中島 幸一 様

 

03社会貢献活動② (40)
ご来賓のご挨拶を溝口幸司先生におこなっていただきました。
熊本県議会 議員 溝口 幸司 様

 

03社会貢献活動② (41)
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使
よりご挨拶をしていただきました。
03社会貢献活動② (42)
ケントン・ヌアンタシン駐日特命全権大使と
通訳のシータラ様

 

03社会貢献活動② (43)
会場の様子 神城文化の森に植栽した500本の桜のうちから切り持参した
素晴らしい後咲の桜と、もみじが会場を盛り上げました。

ラオスフェスティバル2016

0001

毎年盛大な盛り上がりをみせるラオスフェスティバルがラオスフェステイバル2016となり今年も開催されます!
神城文化の森 藤田株式会社 藤田勲も実行委員会の副委員長として主催者の一人となっており、イベントへの参加を予定しております。皆様のご来場をお待ちいたしております。

・オープニングセレモニー
日時:平成28年5月28日(土)午前10時30分
場所:代々木公園イベント広場

・ラオス人民民主共和国 駐日特命全権大使
ケントン・ヌアンタシン 様
ラオスフェスティバル2016実行委員長
学校法人 上田煌桜学園 さくら国際高等学校 理事長 荒井裕司 様による

ラオスフェスティバル2016のご案内

”ラオスフェスティバル2016”をラオス大使館と共催にて、また外務省・渋谷区など多数の皆様のご後援をいただき、開催する運びとなりました。
”ラオスフェスティバル2016”には、日本・ラオスの両国の国賓、アセアン諸国の特命全権大使、関係各省及び各機関の皆様を始め、多数のご理解とご協力を賜り盛大で活気溢れるものとなりますよう全力で取り組んでまいりたいと思います。

主催:ラオス人民民主共和国/学校法人さくら国際高等学校東京校/さくら国際高等学校上田本校/ラオスフェスティバル2016実行委員会

協賛:株式会社経理バンクホールディングス/株式会社フィルド食品/日本ラオス協会/埼玉ラオス友好協会/川崎ラオス友好協会/株式会社アデランス/東洋ロザイ株式会社/株式会社ニコン/SGホールディングス株式会社/光陽オリエントジャパン株式会社/豊田通商株式会社/株式会社JALUX/株式会社赤坂綜合事務所/株式会社マルノウチ/学校法人愛知学院/三井住友建設株式会社/株式会社秋山工務店/ケイエムクリエーティブLLC/株式会社ヒューマレッジ/株式会社マルハン/株式会社イタリアントマト/日本ロジテム株式会社/株式会社ツムラ/株式会社安藤・間/株式会社さんぽう/株式会社スプリックス/株式会社大林組/ティー・エス・ビー株式会社/西松建設株式会社/株式会社恵山通商/株式会社パスコ/株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル/株式会社トミナガ/株式会社スヴェンソン/ラオス国営航空/AMZ Group/寮都産業株式会社/株式会社良品計画/株式会社マックス・ジャパン/株式会社マックス・エンジニアリング/トロッコ株式会社/一般財団法人 神城文化の森 藤田財団

後援:外務省/国際機関日本アセアンセンター/JICA/JETRO/川崎商工会議所/ラオス情報文化観光省

ラオフェス2016チラシ