未分類

世界自然遺産登録地屋久島屋久杉公売終了 加工業者ら、惜しむ声

平成31年3月5日に世界自然遺産登録屋久島屋久杉の最後の市が開催されました。 1949年に第一回が開催され70年の歴史に幕御下しました。今回出材されたのは 146本86立方㍍で最高額は366万(立方㍍)で300万円台が4本、200万円台が4本、 100万円台が36本と最後に相応しく高値となりました。70年間の総売上は約370億円。


地元屋久島で年1回開催されていた世界自然遺産登録屋久島屋久杉の公売も 平成31年6月5日で加工業者の惜しむ声が聞かれる中終了しています。 屋久杉95本の出材の内、弊社が26本落札させていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です