藤田株式会社 15

Posted on Posted in 森林セラピー基地市房山 市房杉 関連(製品以外), 藤田(株)カタログ

PDFファイルリンク→ PDF15

・森林セラピー基地市房山 市房杉
弊社の拠点である球磨・人吉地方は、相良藩が810年余りにわたって統治し、独特の「木の文化」が育まれており、森林セラピー基地市房山(二百万年以上) 前日本がまだ大陸の一部だった頃の残存種『ゴイシツバメシジミチョウ』が、昭和48年8月6日に日本で初めて発見された地)の市房杉(千年杉)は相良藩主代々の祈祷所であり、市房山の市房杉は樹齢800年から1,000年ともいわれ、美しい緻密な木目が特徴の貴重な銘木で、希少価値がますます高まっており、市房杉で作ったひな人形・市松人形・工芸品には人為を超えた至高の美しさがあり現在森林セラピー基地市房山・市房杉(樹齢1,000年)も世界自然遺産登録地屋久島・屋久杉(屋久島に自生する樹齢1,000年以上を超えるもの・1954年に特別天然記念物指定)屋久杉同様、厳しい保護規制に守られており、国立公園のため台風被害などの被害木以外は伐採禁止となっており市房杉は平成6年に夫婦杉、男杉が5,700万円、女杉が7,150万円でて以来21年間で3本しかでておりません。弊社はこれまで有り難いことに一部を除いて弊社が落札させていただいております。平成13年5月17日に市房杉(材積約27㎥)を一本2,750万円で全落札させて頂き、その後、一部を除いて市房杉2本落札させていただき、これまで計3本を落札させいただいております。

・市房山は熊本県下で初めて平成22年4月に森林セラピー基地として認定されました。

・人吉球磨地域が平成27年4月24日「日本遺産」に認定されました。熊本県での認定第1号です。

・ゴイシツバメシジミチョウの巣
200万年以上前、日本がまだ大陸の一部だった頃の残存種「ゴイシツバメシジミチョウ」が昭和48年8月6日に日本で初めて発見された、太古の命が残る市房山。ゴイシツバメシジミチョウは日本全国で2ヵ所にしかいません(国内希少野生動植物種)

・市房山 源流水
「市房山源流水」は約五百年前と推定さています。水の恩は人間が一生返すことのできない尊い思であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です